沖縄の黒糖と味噌で串カツ用のたれを作る

沖縄の黒糖と味噌で串カツ用のたれを作る 沖縄料理は、脂身の大目なお肉に、油自体もたっぷり使ったメニューが多いですし、甘い黒糖を使ったレシピもたくさんあります。せっかく沖縄の味を楽しむのでしたら、脂身と黒糖をふんだんに使った、沖縄の料理にトライしてみるのもいいでしょう。沖縄での味わいたいお酒と言えば、泡盛ではないでしょうか。そんな沖縄のお酒のおつまみにもなる、沖縄の黒糖を使った串カツなども合うものです。串カツは、沖縄の黒糖をミソと合わせたもので頂きます。串活用に、豚三枚肉、鮭、下味はしょうゆと酒でしておきます。黒糖味噌だれ用に、味噌に酒、ゴマペーストにみりん、黒糖生姜シロップ用に、生姜のみじん切りと黒糖を準備します。

しょうゆと酒で下味をつけた、豚肉と酒は、パン粉をつけて、カラッと揚げます。鍋に、黒糖と水、みじん切りにした生姜を入れて火にかけて、シロップを作ります。味噌のたれを練り、シロップと合わせて、黒糖味噌だれの完成です。揚げたての串カツに付けて、お酒の共に、楽しく食べることができます。黒糖を使うと、甘さがしつこくなりすぎる、と思うかもしれませんが、味噌とのバランスもよく、程よい甘みと旨みを演出してくれます。生姜もアクセントになるので、大人の舌にもぴったりです。

Copyright (C)2017沖縄の黒糖と味噌で串カツ用のたれを作る.All rights reserved.